腰痛の原因

腰痛をほとんどの方は経験しているのではないでしょうか?日本人の8割は腰痛と言われており、今でも悩んでいる方が多いと思います。
ミオンパシーで1000人以上腰痛を施術し改善してきた私が腰痛の原因を説明いたします。

 

腰痛の80%は筋肉ロックが原因

腰痛の80%は筋肉のロックが原因です
腰痛の80%の原因は筋肉のロック(こわばり)です。
病院での画像診断に検出される腰痛はごくわずかで全体の2割未満です。(ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨折、子宮がん、腎臓の病気、筋肉の断裂など)
こういった原因の方は病院へ行って処置をされることをおすすめします。

それ以外は病院や整骨院などで画像診断を行ってもどこにも異常なし言われたことがあるかと思います。しかし、痛みには原因があります。
腰痛は日常生活の中で筋肉への急激な負荷がかかっていくことで徐々に硬くなり、ついには限界がきて痛くなっているのが慢性痛です。この原因の腰痛は姿勢によっては楽な状態があります。

例えば、40代女性のお客さまで、腰痛になり整形外科や整骨院にたくさん通っていたけど、レントゲンで異常なく、原因がわからず湿布や運動療法、温熱療法での処置されました。しかし、しばらく経ってもあまり変化が見られなかったので、当サロンにいらっしゃいました。身体を反らせると痛みが出たので大腰筋と股関節周りのロックでゆるめると改善が見られました。
腰痛など慢性痛は目に見えない症状です。動作チェックやロック箇所を探すことで根本改善に近づけます。
 

腰痛には2つのタイプがあります

慢性的腰痛には主に2種類あります。

体を後ろに反らすと痛い腰痛の原因

後ろに反ると痛い腰痛の原因
症状:身体をうしろに反らすと痛みが出る(写真左)
外観:体が前屈み・猫背、股関節がくの字に曲がりがち、ガニ股になりやすい
原因:大腰筋、大腿直筋、大腿筋膜張筋、縫工筋などの股関節屈筋群の筋肉のロック(写真右)

大腰筋が腰椎を引っ張ることで、関節や背中側の筋肉へ強い負荷がかかり痛みになります。

具体例:デスクワークで長時間の仕事
長時間座って仕事をしたあとイスから立ち上がると、股関節や大腰筋は急に引っ張られると感じ、筋肉がロックします。
 

体を前に曲げると痛い腰痛の原因

前に曲げると痛い腰痛の原因
症状:身体を前に曲げると痛みが出る(写真左)
外観:背筋がピンと伸びて腰が張っている。膝が曲がっている。
原因:背面の筋肉のロック(広背筋、ふくらはぎ、ハムストリングス、中臀筋、腰方形筋など)

具体例:調理などの中腰で仕事をしている人

体を前に曲げると痛い腰痛は、身体を後ろにそらしても痛みが出ることが多いです。例えば、調理などの中腰で仕事をしている人の場合、背中への筋肉の負荷だけでなく、長時間身体を曲げている状態から身体を起こすときに大腰筋がロックするからです。
 

【補足】仙腸関節の不具合も股関節屈筋群のロックが原因

仙腸関節の不具合も股関節屈筋群のロックが悪化し、他の筋肉や関節に負担が掛かってロックした結果です。
大腰筋や腸骨筋などに加え、中臀筋周りや梨状筋のロック解除、仙腸関節周りの靭帯のロック解除も必要です。

 

筋肉ロック解除を行うと腰痛は改善します

当サロンでは「ミオンパシー」という施術法を使用しております。身体が楽になる状態をつくり90秒キープすることで痛みの原因となる筋肉ロックを解除します。
 
身体を反らすと痛い場合、まず大腰筋を緩めると少し楽になります。根本原因を動作や自覚症状から確認し、痛みの根本原因となる筋肉を優しく緩めて解除していきます。
筋肉ロック解除前後の後ろに反らせた結果

ゆるめた後に大腰筋を触ると痛みがなくなり、後ろにそって痛みが軽減すれば、腰痛改善に繋がります。

 

日常での腰痛の予防方法

腰痛にならないために今後何を気をつけたらいいのかという質問をよく聞かれます。以下のことを配慮されると予防につながります。

  1. 栄養をしっかりとること
  2. 無理のなく体を動かす
  3. セルフ整体で体をゆるめる
  4. 規則的な生活習慣とストレスケア

 
1.栄養をしっかりとること
体はエネルギーを燃焼することで動きます。糖分をエネルギーに替えるタンパク質やビタミンB群、C、ミネラルをバランスよくとるのが大事です。
また、酸素を運ぶためのヘモグロビンを作るためにも上記の栄養分は必要です。
 
2.無理のなく体を動かす
筋肉は急激な負荷あるとロックします。軽くでも動いている人と全く動いていない人では全く動いてないほうが腰痛になりやすいと言われています。
そのためにはゆっくりラジオ体操(限界まで伸ばさない)無理のないウォーキングがおすすめです。
 
3.セルフ整体で体をゆるめる
日頃のメンテナンスに大腰筋などのセルフ整体をおやすみ前に行うのがベストです。
参考にミオンパシー協会のセルフ整体動画を添付しますのでお試しください。

 
4.規則的な生活習慣とストレスケア
ストレスが少ないほうがロックしにくいです。十分な睡眠をとるのが一番重要です。規則正しい生活習慣を行うことで体のリズムも調いいい睡眠がのぞめます。
 

【補足】腰痛対策に筋トレしてはいけない理由

腰痛改善に腹筋やスクワットをするのはやめてください。
腰痛対策で筋トレをやると筋肉に無理がかかって悪化します。ロックした筋肉は伸びない状態です。筋肉が伸びないのに負荷をかけるとますます伸びにくくなり、持ち上げる動作=伸ばす動作をしようとするとなおさら無理がかかります。もちろん無理矢理伸ばすストレッチも同様です。
腰痛でお医者さんや整骨院から言われて筋トレしたら悪化して私のサロンにくるお客様はかなり多いです。
 

腹筋が腰痛を悪化させる原因

腹筋を使っているのは首を上げてお腹をみる姿勢
腹筋運動は腹筋を使用してるわけではありません。腹筋を使っているのは、写真のような首をあげお腹をみるまでの動作だけです。身体を起こすのは背骨を起こしてるので、主に大腰筋や股関節屈筋群を使っておこしています。動かない筋肉を酷使してるだけです。腹筋をしていて、たまに腰や背中が痛くなることがあるのは、大腰筋を使っているからです。